普段使っているトリートメント、リンス、コンディショナーがあるかと思いますが、「トリートメントってなんのために使うのだろう?」とか、「トリートメントとリンスの違いって何?」など、思ったことはありませんか?

トリートメントの気になる疑問について色々まとめてみました。

トリートメント、リンスなどの気になる疑問のまとめ

トリートメントとリンスって一緒じゃないの?違いは?

「トリートメントとリンスって言い方違うだけで、中身は一緒じゃないの?」って思っている方、案外たくさんいるかと思います。

使ってみた感じ、なんか似ているし、効果とかも一緒じゃないの?ただ、リンスをおしゃれに言っているのがトリートメントじゃないの?ってよく勘違いしている方多いんですよね。

でも、実は、トリートメントとリンスって結構な違いがあるんですよ。その違いは、濃度の違いです。トリートメントは、リンスの約4倍違い濃いと言われているんです。

4倍の濃いので、仕上がり、髪の毛さらさら、しっとり感は、リンスとは段違いになります。使い比べてみると、結構な違いがわかるかと思います。

髪の毛がめっちゃダメージがあって、ギシギシの方は、トリートメント。そこまでダメージがないけど、シャンプーだけだとちょっときしむ方は、リンスといった感じで使い分けたり、使用用途は人それぞれですね。

トリートメントって毎日使っていいものなの?

たまにいますが、トリートメントを毎日使ったらハゲになりそうだから、2,3日に一回にしています。という方がいます。

トリートメントを毎日使ったり、使いすぎたらハゲになってしまう、薄毛の原因になるなんて、ちょくちょく耳にします。でも安心してください。使い方を間違えなければ大丈夫です。

しかし、使い方を間違えていると、薄毛の原因になったりすることもあります。

トリートメントの使い方ですが、頭皮に付けるのはNGです。特に敏感肌の方は、頭皮にべっとり付けるのだけは避けるようにしてください。かゆみ、赤み、かぶれてしまう元となります。

トリートメントは、頭皮に付けるのではなく、髪の毛に付けるものです。傷んでいる髪の毛の毛先に付けるのがベストです。また、髪の毛全体に付けるのではんく、毛先5cm〜10cmぐらいに付けるようにしましょう。

トリートメントって流さない方が良い?

トリートメントを流さない、もしくは、ちょっとだけ流してちょっとだけトリートメント成分を残した方が、髪の毛のダメージに効きそうなんか思っている方も、きっといるはずです。

でもこれは、NGです。トリートメントは、ちょっと盛りますが、1.5倍洗い流すようにしてください。

しっかり洗い流さないと、頭皮にトリートメントが残ってしまい、毛穴づまりを起こす可能性が出てきます。

毛穴づまりを起こすことで、薄毛、ハゲの原因になったりすることがありますので、トリートメントは、しっかり流す。これを守っていくようにしてください。

トリートメントを大量に使っても全然効果がありません…

髪の毛のダメージが気になるから、トリートメントを大量に使って、ヘアケアを行っている方も少なくはありません。

大量に使っても、大きな効果の変化はありません。使う量より、塗っている時間を変えてみるのがおすすめです。

トリートメントを塗って、すぐに洗い流してはいないでしょうか?これでも効果はありますが、効果を高めるためには、トリートメントを塗ってから、10分〜15分ほどおいておくと効果がアップします。

後忘れてはいけないのが、しっかり流すことです。

トリートメントは使い方次第で良くも悪くもなる

普段使っているトリートメントは、使い方次第で良くなったり、悪くなったりすることもあります。

正しい使い方を知っていれば、マイナスになることはほとんどありませんので、頭皮に付けずに毛先に付ける、トリートメントをした後は、シャンプー以上に洗い流す、とりあえずこの2つは最低でも覚えておいてくださいね。